7月11日(土) | オンラインシンポジウム

オンラインシンポジウム アートと社会のこれから -ウィズコロナの時代に-

新型コロナウィルス感染流行の中、展覧会も予定通り開催できない状況が続いています。その中で、できることを模索しています。 オンラインを積極的に活用し、離れたところにいる人たちとも語り合う機会を作っていきたいと願い、この場を企画しました。 さて、果たして当日はどんなディスカッションが展開されるやら。乞うご期待! パネラー 木村勝明(日本美術会・日韓交流展JAES代表) 貴志カスケ(京都アートカウンシル代表、京都高瀬川彫刻展責任者) 鈴木杜央(京都リンクプロジェクト副代表、前リンク展実行委員長、京都現代アート研究しょ員) 貴志在介(京都現代アート研究しょ員) 宗 由美子(同じ刻を生きる作家展実行委員
お申し込みの受付は終了しました。
オンラインシンポジウム アートと社会のこれから -ウィズコロナの時代に-

日時・場所

2020年7月11日 15:00 JST
オンラインシンポジウム

イベントについて

今回はzoomを使用します。スマホの場合はまず、zoomのアプリをダウンロードしてから下記をクリックしてください。

パソコンの場合、初めてzoomを使用される場合、下記をクリックするとzoomをインストールする状態になりますので、インストールしてから先に進んでください。

ミーティングに参加する方は下記アドレスをアドレスバーにコピペしてください。

https://us02web.zoom.us/j/86883732883?pwd=VjF4eUZGMnRtRmRrdHNqbENaM0UvZz09

お申し込みの受付は終了しました。

このイベントをシェア