第6回同じ刻を生きる作家展連動企画 ➖公開シンポジウム企画案ー テーマ「創造する市民になろう」 ~創造から想像へ想像から創造へ~

京都アートカウンシル

同じ刻を生きる作家展実行委員会

内容 

同じ刻を生きる作家展は幅広いジャンル・年齢層・経験値の作家によって開催されているアンデパンダンな展覧会です。主催者側から表現テーマ設定や、内容のリクエストなどはせず、作家の自由・自覚を尊重した展覧会を運営しています。ゆえに、さまざまな表現が混在しています。それは自然と、現在のアートシーン自体の混沌とした状況を現すことともなっています。

今、上に「アートシーン」と書きましたが、そもそも「アート」という言葉はとても曖昧でもあります。そういうことも含め、今を生きる私たちにとって、「アート」「芸術」「美術」「工芸」「デザイン」などについて気ままに作家・鑑賞者の立場を超え、ざっくばらんに語りあえたらと思います。

日時 1218日 午後3時~5時

会場 堀川御池ギャラリー 2階 B室内

参加費 無料

事前申し込みは必要ありません。

担当 宗 由美子

閲覧数:7回0件のコメント